未踏召喚://ブラッドサイン 8巻 感想【ネタバレあり】

どうも!!

今回は『未踏召喚://ブラッドサイン』8巻の感想です。




未踏召喚://ブラッドサイン 8巻

読みやすさ :
ぶっ飛び具合:
今後の期待 :

あらすじ

宿敵・白き女王を『殺害』した恭介。だが、世界は依然として女王に支配され、混乱に陥っていた。今は亡き女王の幻影に怯えるようにトイドリーム社が扇動する『白銀資源戦争』。この戦争のプロパガンダ映画の制作メインフレーム『システムアトランティス』を破壊すべく、恭介とオリヴィアは豪華客船に侵入し、美し過ぎるF国君主シンセアリアと出会う。彼女のあまあまお義母さん?アタックと、母に負けじとあの手この手で誘惑するスク水少女の親子ダブルパンチにおののく恭介の背後に、彼をにーさまと呼ぶ、最大最悪の暴走未踏級がじわりじわりと迫り来る!

引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4048936786/f2664t19-22/

豪華客船・海底・宇宙・東欧!!

今回のお話は、まさしく売れたハリウッド映画2作目よろしく、世界中を駆け回る話でしたね。

まぁ、世界と言っても海底と宇宙という途方もない規模も含まれていますので、ハリウッド映画よりさらにデカい規模の話だったかなと思います。

 

ただ、そんな舞台転換はありつつも、割とシンプルな話で読みやすかったのではないでしょうか。

話の大筋も、「システムアトランティスと壊す」という、分かりやすい目的でしたし、今回の敵キャラ・入刈太郎も面白いキャラでしたし、緩急がしっかりあったような気がして、私は非常に読みやすかったです。

 

というか、基本的に読んでいて飽きるという事がなかった。

鎌池さんの作品を読んでいると、何でこんな雑魚に何ページも懸けるんだ、という展開があったり、まっるきり感情移入できない心理描写があったりで、たまに飽きる事があります。

 

今回は、全くそういうのがなかったのが良かったところですかね。

440ページを一気読みでしたわ。

 

あと、今回はキャラの変化が非常に魅力的だったのかな、と思います。


キャラの変化について

この8巻で色々、話が動いた以上に、キャラの心情が変化したり、読者からの見る目が変わったりと、人間ありきの書き方が多かったような気がします。

(いつも世界を主題に置いてますよね? 私しか感じてないかもしれませんが)

キャラの変化といっても、株価が乱高下して虫の息になっていたBBAは除きますよ。

さすがにあれはギャグですし。

 

メインキャラだと。

愛歌、オリヴィア、白き女王というところでしょうか。

愛歌は切ない感じで、オリヴィアは無力だった女の子が前を向いた感じ。

オリヴィアについては、なんとなくフレメア(新約禁書7巻)を思い出した感じで面白かったです。

 

で、一番琴線に響いたというか、展開的に大きい変化があったのは白き女王。

いやぁ、1巻から読者側が感じてた、「一体、お前のどの辺がデレてるの?」という伏線を見事に回収できたのは素晴らしかったですね。

ここはもう、驚きと次を期待しています展開があるから鎌池和馬はやめられないんです、という感じで最高でした。

 

このままラブ(コメ?)ぶっ飛びバトル路線で行ってくれたら、名作になると思いますわ、個人的に。

 

あと、キャラで触れておきたいのはビヨンデッタ。

あいつはもうダメだ。

可愛すぎる。

 

残った伏線は?

さて、もう割と終盤に差し掛かってますよね?

ということで、伏線って何があったのかを整理しておきましょう。

まず、「本来の可愛いアザリアを鎌池さんが書き殴る」という伏線。まぁ、回収してくれるでしょう。

本編の中でも非常に重要な部分なので、作者が忘れたりはしないでしょうし。

 

まぁ、クソしょうもない話はさておき。

 

やっぱり一番気になるのは『妹』ですよね。

城山恭介の『妹』って、ホント何?

 

一瞬頭に浮かんだのは、信楽真沙美みたいに、『妹』がアワードが1000を超えてしまって、異界にいってしまって、異界で白き女王になったとか、かな?

でも、信楽真沙美がアワード3000で現在神格級のところをみると、『妹』が白き女王になったという展開はないような気がします。(アワードって3000まででしたよね?)

 

なら、「色彩なき童女」関係かなぁ、と思います。

だって、色彩なき童女って何で童女なの? って感じがしますし。

まぁ、まだ分かりませんね。

 

あと、意外と『妹』ってこんな『』をつけておいて、実は母親の方が重要キャラだった!

とかあり得そうな気もしなくもないです。

 

それから、城山京美とアルベルトはもう出てこないのかな?

アルベルトは噛ませ犬感があったので、もう出てこないかもしれませんが、京美は出して欲しいですよね。

 

ああ後、出てないキャラと言えばフリーダムのトップがまだですよね。

 

イリーガル⇒入刈太郎 ガバメント⇒エルヴァスト=トイドリーム

この二人に並ぶキャラですからね。期待しておきます。

(エルヴァストと入刈太郎が同格とは全く思えなかったですが)






伏線を整理するんじゃなくて、単なる欲望を書いてしまった!!

まぁいいや。

今回の『未踏召喚://ブラッドサイン8巻』はかなり面白かったです。

ぜひ、このまま突っ切ってもらい。最後まで読みますので。

コミカライズしてもいいのよ。(小声)

ってな、感じですかね。

 

では。また。

コメントを残す