このライトノベルのヒロインがカワイイ!オススメラノベ【りゅうおうのおしごと】【ガーリー・エアフォース】【異世界食堂】

どうも‼

本日は、このライトノベルのヒロインがカワイイと、どこかの本のパクリのようなお題です。

ちなみに、ヒロイン紹介というより、作品紹介です。




  1. りゅうおうのおしごと
  2. ガーリー・エアフォース
  3. 異世界食堂

 


りゅうおうのおしごと

 

 

カワイイ:
熱い  :
総評  :

あらすじ

竜王(将棋界最高位)の家にやってきたのはJS(女子小学生)の押しかけ弟子だった!?

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました! 」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え
最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4797384840/f2664t19-22/

小学生は最高だぜ! 意外に熱い物語

 

JS(女子小学生)との同居生活!

 

まぁ、ラノベにありがちなシチュエーションかもしれませんが、このベタベタなのがまた良いです。

ただ、そこまでド変態ラノベっぽさは少なくて、むしろヒロイン・雛鶴あいを愛でていく感じの作品です。

 

とにかく純粋無垢なヒロインなので、そこは非常に楽しめるかと。

やっぱ子供って可愛いなぁ、なんか犯罪臭する感想ですけど、そう思わせてくれるヒロインになっていました。

いえ、私はロ〇コンではないですよ。

 

ただ、それだけで終わるのではなく、少しだけ腹黒い部分があるのもアクセントになっていて良かったかな、と。

 

こういうロリキャラって、天使キャラに終始するのが多いですが、そういうキャラにはなってなかったんですよね。

サブヒロインの銀子ともケンカしていましたし、『だらぶち』ってすぐに暴言吐きますし。

(だらぶちは金沢のほうで使われている言葉らしいです)

 

なかなか勝気な部分もあって、面白いロリキャラだと思いました。

 

さらに、この勝気な部分が作品のメイテーマ(ですよね?)の将棋にも繋がっていて、非常に熱くなれたのが、この作品の良いところ。

主人公・九頭竜八一と、ヒロイン・雛鶴あいの二人が、主人公みたいになっておりますので、熱さは2倍くらいに感じられます。

将棋で熱い作品が読みたい! という方はぜひ読んでみても良いかと思います。



ガーリー・エアフォース

カワイイ :
読みやすさ:
総評   :

あらすじ

人類の前に突如出現した謎の飛翔体、ザイ。災厄を意味するその存在は桁外れの戦闘力であらゆる航空戦力を圧倒した。彼らに対抗すべく開発されたのが、既存の機体に特殊なチューニングを施し、異次元の高機動を実現したドーターと呼ばれる兵器。操るのは、アニマという操縦機構。それは―少女の姿をしていた。パイロットだった母をザイにより失った少年、鳴谷慧が出会ったのは真紅に輝くスウェーデン製の戦闘機、そしてそれを駆るアニマ、グリペンだった。人類の切り札でありながら挙動が不安定なグリペンと、空に焦がれる少年の、長くて熱い物語がはじまる。

引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4048668625/f2664t19-22/

無口系ポンコツヒロイン!

この作品のヒロインは、なかなかマニアックです。

 

無口系ヒロインでありながら、ポンコツであり、さらに戦闘機ですので。

あ、一応戦闘機と言っても、いわゆる艦〇れみたいな感じで、擬人化です。

ガチ戦闘機に萌える訳ではないので、ご安心を。

(仮にガチ戦闘機に萌えられる人がいたら、それはそれはでかなりの高レベルなので、一度、話しをしてみたい気もしますが)

 

ヒロイン・グリペンは、まぁぶっちゃけ綾波レイから連綿と続く、あの系譜なのですが、それとはまた違いポンコツなのがカワイイです。

 

悔しい感情というか、落ち込んでいる感とかが無口なのに手に取るように分かり、感情移入しやすいんでしょうね。

なんだろう、愛でる的な感じです。

ですので、頑張れと応援したくなるヒロインでもあります。

 

ちなみに内容は空戦バトルがメインになるのですが、空戦を読んでいる感じが内容に結構出ていて、面白いかと思います。

(空戦を読んでいる感じって、有り体にいえば爽快感みたいな感じです)

しかも、あまりごちゃごちゃと説明せず、読みやすくまとめてくれているのが素晴らしいのですよね。

 

1巻を読むのに、個人差はありますが2時間くらいになりますかね。

読みやすさでもオススメの作品になっております。


異世界食堂

 

腹が減る:
カワイイ:
総評  :

あらすじ

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下1階にその店はある。猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴のごく普通の食堂だ。しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。「ねこや」には一つの秘密がある。毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。特別な絶品料理を出す「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている―「異世界食堂」。そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。

引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4074113295/f2664t19-22/

腹ペコ系ヒロインの真骨頂!

もうね、何がこの作品で素晴らしいかと言えば、空腹アレッタちゃんが最高なんですね。

 

もちろん飯テロ(読んでいたら飯が食いたくなる)率も高いんですけど、このアレッタちゃんが、また旨そう食うんです。

 

基本的に謙虚で、控えめな性格をしているクセに、飯になると目を輝かせて、飯をおねだりしてきます。

(言い方は大分脚色してますが、大体あっていると思っています)

 

もうこの子を見ているだけで幸せになれる、そんな作品です。

 

ただ、1巻にアレッタちゃんは出てきません!

いや、最後に出てくるのですが、本格的な登場は2巻からです。

 

2巻から、アレッタちゃんによる飯テロラノベになりますで、とりあえず2巻までは読んで欲しいなぁ、というところですね。

あと、深夜に読んではいけません。

深夜にコンビニにダッシュする事になってしまいます。


オススメヒロインの作品を紹介しましたが、どうだったでしょうか?

 

ラノベってヒロインありきで読む部分もあると思いますので、惹かれる部分があれば、ぜひ、ご一読をオススメしたいです。

 

では、また。




 

 

 

コメントを残す