グランクレスト戦記 1巻 感想【ネタバレあり】

どうも!!

今回はグランクレスト戦記 1巻の感想になります。




グランクレスト戦記 1巻

王道感 :
ヒロイン:
爽快感 :

あらすじ

混沌がすべてを支配する大陸。人々は混沌により生じる災害に怯え、それを鎮める力“聖印”を持つ者、君主に守られ生きてきた。だが、いつしか君主たちは「人々の守護」という理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突入していく―理念なき君主たちを軽蔑する孤高の魔法師シルーカと、故郷を圧政から解放するべく修練の旅を続ける放浪の騎士テオ。「わたしは騎士テオの聖印と契約し、永遠の忠誠を誓います」ふたりが交わした主従の誓いは、混沌と戦乱の大陸に変革の風をもたらすのか!?秩序の結晶である“皇帝聖印”を巡り繰り広げられる一大戦記ファンタジーが、いま始動する!!

引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4040711149/f2664t19-22/

王道戦記物語

もう王道も王道という作品。

ある意味では、古典的だとも言えます。

 

ですので、コテコテのファンタジーラノベが読みたいというならば、かなりのオススメの作品ではあります。

 

実を言うと、私はこのコテコテ感がたまらなかった。

ラノベのファンタジーといえば、やはりなろう小説産のゲームを下敷きにしたラノベが思い浮かぶと思います。

ただ、ファンタジーというよりは、ゲームっぽいんですよね、なろう小説産のラノベって。

(もちろん例外もありますが)

 

だから、こういうファンタジー世界を1から作って、話を転がしていく作品は、逆に新鮮に見えて、非常に惹かれるものがありました。

 

ですので、ファンタジー感をより感じたいのなら、ぜひ読んで欲しい作品です。

 

あと、主人公もヒロインもそんなに強くないので、成長物語を期待する人にはいいかもしれません。



 

ヒロイン・シルーカが可愛い

もう、このザ・メインヒロイン感は凄かったです。

実は1巻にそこまで恋愛描写はなくて、読者に「ほれ、萌えろよ」というシーンもないんですよね。

 

ただ、だからこそですかね。

シルーカが徐々にテオに惹かれていっているのが、奥ゆかしさに感じられ、なんか可愛いなこのヒロインとなりました。

常に話の中心にいて、もう主人公じゃない? って思えたほどのヒロインでしたので、メインヒロイン感も凄かったと思います。

 

後に恋愛ヒロインになるかは、まだ分かりませんが、期待したいところです。

 

爽快感にはちょっと欠ける

この作品、割と淡々としているんですよね。

 

サブキャラも濃くはないですし、そこまで盛り上がる展開もないです。

というより、もっと深く書けるのかもしれないが、アッサリと流した印象です。

 

展開を重視しているんでしょうね。

サクサク進みます。

 

戦いとかもっと丁寧に書いてくれたら、私はさらに好きだったかな、という感じの作品です。

 

ただ、1巻は序章なのかもしれませんし、今後に期待というところですかね。

漫画版もあります。

 






以上、1巻の感想でした、

この作品はとりあえず完結まで追ってみようかな、と思えたので今後も感想を書いていくと思います。

 

また、この作品はヤマグチノボルさんが参加するハズだった企画だったそうです。

コメントを残す