はじめに~~あなたが読みたい小説を紹介します~~

はじめまして! 佐藤賢治です。



この度はファストブックにお越しいただき、ありがとうございます。ファストブックはオススメ娯楽本を紹介していくブログです。主に小説、ライトノベル、ライト文芸、漫画などになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

ファストブックについて

あなたが読みたい小説を紹介します

何か小説を読みたい!

どうせなら面白い小説を読みたい!

でも本屋に行って選んでいる時間がない!

 

こんな悩みって結構ある話だと思います。特に会社や学校帰りで疲れている時。自分に好きな作家がいて即決で購入となると話は別ですが、たいていの人は店頭でプッシュされている小説を買われるのではないでしょうか?

でもそれって、偶にですけど自分はこういうのが読みたかった訳じゃないんだよなぁ、ってなったことありませんか?

私はあります。

 

ほっこりする話が読みたかったのに、なんだコレ?

滅茶苦茶頭を使うミステリじゃないか。

面白くなかった訳じゃないんだけどなぁ。ある程度どういう話なのか分かっていたら別の買ったのに。でも、出だしだけ読んでいる時間もないしなぁ……。

こういうの私はありました。

 

 

そんな人達の為に、私の読書録の中から、その人に合った小説を紹介するのがこのファストブックです。

もちろんネタバレはしません。

私が最後まで読んだ上でこんな話だから、こういうのを読みたい人には楽しめるんじゃないかな、と提案させていただくだけです。

だから書評とは少し違うのかな。あくまで紹介です。

面白そう! と思えるものがあればぜひ読んでみてください。

ファストブックの特徴~~軽くて、読みやすい物語を~~

小説って時間もエネルギーも必要で、読むの疲れるんだよなぁ。

ましてや仕事や勉強で疲れているのに……。

こういった人の為に、ファストブックは基本的に軽い作品、もしくは読みやすい物語をオススメしていきたいと思います。

 

もちろん重厚な物語も紹介しますよ。

そういうのが読みたいって人もいると思いますし。

だから紹介する際には重厚な物語と記載させていただきます。ただ基本的には読みやすい作品をプッシュしていくつもりです。

 

 

軽くて、読みやすい物語を紹介するのには理由があるんです。

読書って寝る前に読むのが良いって知ってました? 寝る一時間ほど前に読んで頭をリフレッシュさせてから寝るんです。

すると、次の日の仕事や勉強がはかどるそうです。仕事なら独創的な発想が浮かびやすくなり、勉強なら頭が柔らかくなり物覚えがよくなるそうです。

ただあまりに重い物語を読むとリフレッシュにはならないですよね?

だから軽めの物語が良い。

そういう話です。あくまで余談ですが、謀有名企業のCEOは寝る前にハリーポッターを読むそうです。すると斬新なアイデアがポンポンと浮かぶんだそうです。もちろんその人が凄いのか、ハリーポッターが凄いのかは判断できませんが(笑)

 

ファストブックで紹介するジャンルの説明

  1. 一般小説
  2. ライトノベル
  3. ライト文芸
  4. 漫画

基本的にはこの4ジャンルになります。

それだけ言われてもわからない……。

なんて人の為に説明を付け加えました。さらにそれぞれの良い点なんかも付け加えてます。自分がどんなジャンルが好きなのか指標にはなると思います。

若干、私の偏見になりますが……。

一般小説について

こちらは言わずと知れた、もう普通の小説です。

ドラマ化されたり映画化されたりと、一般的に最も人の目につく事の多いジャンルかと思います。

それだけに作品が多い。

どれを選んでいいのかわからない。

もっともチョイスの難しいジャンルかと思います。

その多さには、一体、一月にどれだけ小説が出版されるんだ、なんて思っちゃいます。

でも量が出ているだけあって、面白い作品は多いです。凄く心にくる作品なんかもあったりで、一般的には人の心を掴みやすい大衆文学のことを指します。※ファストブックでは純文学は扱いません。

ライトノベルについて

男子中高生向け。

アニメ化になる事が多く、オタク向けというイメージの強い挿絵付きの小説です。

もちろん萌え要素の強い作品もあり、表紙を見ただけで辟易とする方もいらっしゃるのではないかと思います。

ただそれだけの理由でライトノベルを避けるのは少々勿体ない。

 

上質な作品も多々あり、ぜひ読んでほしいと思える作品もあります。

普通に少年漫画っぽい作品もありますので、そちらも紹介していきます。

※ライトノベルレーベルから出版されいてる作品のみをライトノベルとして扱います。

ライト文芸について

大人向けのライトノベル。

正式名称はまだ未定。

だがほぼライト文芸で固まりそう。

 

こちらは女性も意識した作品が多く、かなり一般小説に近くなっています。

読みやすさという面でも、とても質が高いためこれからの小説界では主流になっていきそうです。

ライト文芸が今最もメディアミックスされていないジャンルです。

人の目に付きにくくなっています。

そのため意外と掘り出し物があり、ちょっとしたお得感を感じられるかもしれません。

※ライト文芸レーベルから出版されている作品のみをライト文芸として扱います。

漫画について

漫画も寝る前のリフレッシュとしては一つの答えになるかと思います。

ただこちらは完全に私の趣味で紹介する事になります。

 

以上、四つのジャンルから紹介します。

もちろんこの説明は私の偏見を強く含んでいて、ライト文芸の説明おかしくない? とか。一般小説って言い方がもうおかしくない? とか。

色々あるとは思いますがあくまで指標ですので、一つの参考程度にしていただければと思います。



コメントを残す