本当に面白い注目のオススメライトノベル5選!! その5ー①【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/ソード・オラトリア】

どうも!!

いつもお読みいただいているあなたは、こんにちは。

初めましてのあなたは、初めまして!

佐藤賢治です!



 


まずは5選のほうから

  1. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらってもいいですか?/終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?
  2. 未踏召喚://ブラッドサイン
  3. ただ、それだけでよかったんです/おはよう、愚か者。おやすみ、僕の世界(松村涼哉作品)
  4. 覇剣の皇姫 アルティーナ
  5. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/ソード・オラトリア

他のオススメライトノベル リンク ⇒ 中二病バトル  完結済み作品


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

熱さ     :
ファンタジー感:
ヒロイン   :
キャラ    :
オススメ度  :

~~簡単なあらすじ~~

迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ!」
「はいっ! 僕は強くなります!」
どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語】──

http://books.rakuten.co.jp/rb/12145512/(楽天)


熱い物語!!!

個人的にですが、この『ダンまち(通称)』はライトノベルの中で最も熱い作品なんじゃないかと思います。

ここ最近という程、私は全ライトノベルに精通している訳ではないですが、有名タイトルの中では一番、熱さで心を動かす力を持っている作品だと思うんです。

それもそのハズこの作品の最大のテーマは『強くなりたい』です。

弱い人間が強くなろうとする物語。弱いけど頑張って努力して、ジャイアント・キリングを起こす。そんな物語が中心にきています。

言っておきますが、この作品の熱さは尋常がないですよ。

私はアッサリと説明していますが、比になりません。偶に熱すぎて涙が出るほどなんです。むしろ小一時間は熱さで叫べるんじゃないかという気分になります。いや、私が何を言っているかは、私自身もわかっていませんが。(notポルナレフ)

 

 

アニメも終わって一段落

この本編のアニメ自体は2015年の春期に放送しています。その時に爆発しましたが、一時の勢いがなくなってきてはいます。

ただ作品の内容自体は全く質が落ちておらず、むしろ作品的には盛り上がってきています。まだまだこれからなんだぞ! という気迫が作品内からは感じらます。

まぁ、外伝アニメが2017年の春期の放送しますので、そちらを確認してから読んでもいいかもしれません。外伝は外伝でそこそこ熱い場面もありますので。

 

 

とにかくベルくん(主人公)を好きになれるかが勝負

いや決して、ベルくんがクセのある主人公という訳ではないんです。

ベルくんはむしろかなりとっつきやすい主人公だと思います。

しかしでは何故ベルくんを好きになれるかが勝負かと言いますと、この作品はベルくんのサクセスストーリーだからです。いえ、挫折する話もちゃんとありますよ。でも、基本的にはやっぱりベルくんのサクセスストーリー。

弱いハズの主人公が特殊な能力や、真っ直ぐな気持ちを持って物語が進んでいきます。

その為、ベルくんという存在を許容できなければ多分凄く読みにくい物語になってしまうと思うのです。

 

この主人公は愚直なくらい真っ直ぐなので、ちょっと小恥ずかしいという人は、合わないかもしれません。

むしろちょっと小恥ずかしいくらいのほうが良い! という謎にⅯな人を私は止めたりはしません。色々楽しんでみてください。

偶にありますよね、なんかちょっと恥ずかしいんだけど、行動に移してしまう事って。あの感覚です。

 

 

総評

燃え上るような作品を読みたい人にはまずオススメ。

『とある魔術の禁書目録』ってあるじゃないですか。あれくらいに熱いです(好きな人には伝わると思います)。

んで、あとはやっぱり魅力的なヒロインが多い事かな。

といっても外伝のほうがヒロイン達の活躍があります。本編でも多いので、こればかりはどっちも読んでみてください。

漫画版もあります。


さて、次回は外伝『ソード・オラトリア』

間を開けずに更新したいと思います。



コメントを残す