86-エイティシックス‐2巻(上) 感想【ネタバレあり】

どうも!!

本日はとても遅くなりましたが、86 2巻の感想です。




86‐エイティシックス‐ 2巻 感想

 

設定 :
キャラ:
総評 :

あらすじ

共和国の指揮官・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち“エイティシックス”の面々は保護され、一時の平穏を得る。だが―彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、シンの“能力”によって予見された“レギオン”の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。彼らはなぜ戦うのか。そして迫りくる“レギオン”の脅威を退ける術とは―?第23回電撃小説大賞“大賞”受賞作第2弾!シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く“ギアーデ連邦編”前編!“死神は、居るべき場所へと呼ばれる”

引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4048932322/f2664t19-22/

前巻のラストに続く物語

前巻で、物語的には完結したような内容でした。⇒1巻感想

2巻にどうやって続くのかなぁ、と少し心配していたのですが、1巻のラストに至るまでの話を続けていくようですね。

 

個人的にはレーナも好きだったので、レーナの出番増し増しの作品も見てみたかったし、あのラストからの続刊も見てみたかった気もしますが、それは今後に期待というところですかね。

 

今巻はとりあえず、1巻のラストに続く物語という感じのお話になっておりました。

 

ただ、これはこれで非常に面白かった。

 

1巻の少し寂しいようなシンのキャラクターはそのままに、86として戦争を続けていく感じが2巻にもあって、1巻を読んだ人ならまず満足できるでしょう。



 

さらに、女性キャラ成分が薄めになっているのかと心配になるかもしれません。

 

レーナは少ししか出ないですけど、ちゃんと新ヒロインが出ましたよ!

 

フレデリカ! 最高! 特に半裸パジャマ!

 

もう、なかなか愛らしいヒロインで良かったですね。

 

物語自体は前巻の話を引きずっていますので、さらに続くで終わっておりますので、次巻次第です。

 

ですので、3巻を読んでみないとまだどういう物語になっていくか分かりませんね。

 

ただ、設定好きにはたまらない作品になっているのではないかと思います。

 

結構ロボの設定は相変わらず多いので。






コメントを残す